ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

つのやまのだいじゃ

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:1998年10月28日更新
むかし むかし あるところにつやまのだいじゃイラスト
三人の きこりが おりました。
聖通寺山へ 木を切りに いきました。
疲れたので,ひとやすみして おりました。
そこへ 小さな へびが 出てきました。
ひとりの きこりが たばこの 火をへびに すりつけて 殺してしまいました。
 次の 日の ことです。
その きこりが 角山へ 木を 切りにいきました。
すると,木や 草が 大きな 音をたてます。
だいじゃが あたまを もちあげてやってきます。
 きこりは 恐ろしく なって いえへ逃げ帰りましたが,誰が 聞いてもなんにも 話しません。
ところが,ある日の ことお嫁さんにだけ 話しました。
 すると,どうしたことかきこりは,その日の うちに
死んで しまいました