ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > まつり・イベント > イベント > 「国府サミットinさかいで」が開催されました

「国府サミットinさかいで」が開催されました

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月5日更新

「国府サミットinさかいで」が開催されました。

 10月6日、国府跡が所在する自治体間の交流、情報交換および、讃岐国府跡を広く市県民にアピールするための、第3回となる国府サミット「国府サミットinさかいで」が坂出市で開催されました。※詳しくはこちら→チラシ表 [PDFファイル/3.01MB] チラシ裏 [PDFファイル/771KB]

 また、その後の記念講演やパネルディスカッション、翌7日の国府域散策について、多くの方にご来場、ご参加いただきました。

平成24年10月6日(土曜日)

 サミット会場の様子です。                  

  国府サミット会場  国府サミット共同宣言     

 古代の国府に勤めた役人に扮しておこなわれました。

 讃岐国府(坂出市)綾市長の進行で、武蔵国(東京都府中市)、備後国(広島県府中市)、周防国(山口県防府市)、筑後国(福岡県久留米市)、薩摩国(鹿児島県薩摩川内市)、さらに文化庁や研究者、香川県教育委員会やサミットの実行委員が加わり、活発な意見交換がおこなわれました。そして「国府サミット共同宣言」が満場一致で採択されました。 

 また、その後、奈良大学教授坂井秀弥氏による記念講演(写真左下)や、「埋もれた文化遺産の活用について」をテーマにしたパネルディスカッション(写真右下)がおこなわれました。

記念講演 パネルディスカッション    

   

平成24年10月7日(日曜日)

 国府域散策の様子です。

国府域散策    

天候も良く、府中町にある讃岐国府跡周辺を、1時間ほどかけて散策しました。讃岐国府ミステリーハンターの方々が、国府域について、力強く説明をしてくれました。(写真上)

水のフェスティバルステージ

 同日、同じ府中町で開催されていた「第14回水のフェスティバルin府中湖」で、来客の方々を紹介していただきました。(写真上)

「国府のおかれたまち」としての歴史、伝統などの文化遺産を再構築して、新たなる連携を築き、次代へつなげることを目的とした「国府サミット共同宣言」。

 次回「第4回国府サミット」は、広島県府中市で開催される予定です。