ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > bunbun3.「小与島の中心でササユリを数える」をレポート!

bunbun3.「小与島の中心でササユリを数える」をレポート!

印刷用ページを表示する更新日:2015年12月2日更新
ぶんぶんレポロゴ

 「ぶんぶんレポ」とは



突然ですが、「文化財」というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?

 「昔の建物」「貴重な美術品」「古代の遺跡」「伝統あるお祭り」・・・

 これらはもちろん文化財なのですが、実はみなさんもよく知る「天然記念物」も、文化財保護法に定義された立派な「文化財」なのです。

 動物や植物が文化財なんて、すこし意外な気もしますよね。


 それはともかく、今日はその天然記念物のお話です。

 「小与島のササユリ」は、坂出市にある唯一の香川県指定天然記念物です。
ササユリ

 ササユリは学名を「Lilium japonicum」(日本のユリ)という、日本固有種のユリです。

また名前のとおり、その葉っぱはササにとてもよく似ています。


 ただ、このユリ自体はそこまで珍しいものではなく、花や球根が販売されていたりします。


 ではこれがなぜ天然記念物なのかというと、香川県で郡生しているのは、この小与島のものだけなのです!


 そこで文化振興課では、毎年ササユリの花が開くこの時期に、その生育状況を調べるべく、現地でその本数を数えるという調査を行っているのです。


 とはいえ、定期船もない本当の離島である小与島、そこへ行くためには港務所にある沿岸環境監視船「しらみね」を利用させてもらいます。
しらみね

 三つ子島や与島の鍋島灯台を横目に見ながら・・・
三つ子島鍋島灯台

 15分ほどで小与島に到着です。
小与島

 小与島は全島で採石が行われていたこともあり、その独特の風景に圧倒されます。
小与島の風景1小与島の風景2

小与島の風景3

 一部だけ切り取ってみると、本当に別世界みたいです。


 寄り道が長くなりましたが、ここがササユリの生えている場所です。ここを登っていきます。

ササユリ自生地 

 麓には石碑も建てられています。

 そしてやっと、ササユリとご対面!なのですが・・・
ササユリの蕾

 まだつぼみ・・・。残念ですが、今年はまだ花が咲き誇るには早かったようです。


 しかし、今回小与島に来たのは、その個体数を調べることが目的です。気を取り直して探します。

数えるのは上の写真のような花がついたものはもちろん、花がついていないものや、やっと地面から顔を出した一枚だけの葉っぱも対象になります。
ササユリ成葉ササユリ幼葉

 現場ではササユリの他に、ササもたくさん生えているため、間違えずに、そしてうっかり踏んでしまわないよう、気を付けて探します。神経を使う作業が続きます。


 結果として、今年は57本の株が確認できました。昨年は65本(平成4年以来、過去最高!)だったので、それよりは減ってしまいましたが、まずまずの数です。

成長途中のものが多く発見できたのも、今後についての安心材料でした。


 ちなみにササユリはとても成長の遅い花で、種が落ち、葉っぱが生えるまで2年、そこから花が咲くまでにさらに3年から5年かかるといいます。

 このため一度壊滅的な打撃を受けて数が減ってしまうと、回復までに長期を要することになります。


 近年では平成16年の台風がそうでした。しかしそれ以降なんとか回復し、ここ数年は、割と安定した状況になっています。


 この状態を維持し、さらには本数を増やすべく(といっても、あくまで「自生」に価値があるので、あまり派手なことはできませんが)、今後も調査を続けていきます。


 みなさんももし小与島に行くことがあったら、この天然記念物のことも思い出してください。

 でも、もちろん分かっていると思いますが、取ったりしちゃダメですよ。

                                  (担当 文化財係)