ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 庁舎の建替えについて > 今後の予定について

今後の予定について

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月27日更新

 ここでは、新庁舎新築工事における直近の工事状況、工事予定についてお知らせいたします。

 工事全体の概要については、「新庁舎新築工事の概要」をご覧ください。

 工事の進み具合やお知らせ等については、「本庁舎建て替えレポート」もご参照ください。

 

 

1.北館解体および電柱移設の完了

 

 北館の解体および庁舎北側にあった電柱の移設が完了しました。

 また、解体のための足場は仮囲いに変更しています。

新庁舎仮囲い

 

2.新庁舎の基礎工事(杭工事)

 新庁舎の躯体を地下の地盤に固定するため、鉄筋コンクリート製の杭を南北3列、東西10列の30本作成します。

 杭の深さは最も深いもので地表下58mにまで及ぶ予定です。

新庁舎杭

 

<継続> 守衛室までの動線について

 仮囲いが設置され、庁舎の北側が通行できなくなったため、夜間および休日に窓口となる、守衛室までの動線が、下図のように変わっています。

 ご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

 守衛室までの動線

 

3.今後の予定

 2.のとおり新庁舎の基礎工事として杭工事を行っています。

 これが完了次第、山留工事(地面を深く掘削した際に、周囲が崩落しないような処置をする工事)を経て、基礎および免震装置を据えるための地下構造の建設に取り掛かります。

 また、敷地内の北東部分にて井戸の掘削を行う予定です。

 他にも、新庁舎の工事ではありませんが、庁舎北側の下水道の改修工事にも着手しています。