ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
坂出市公式トップ > 坂出市子育て応援サイト > 熱中症に気をつけましょう!
子育てメニュー
  • 妊娠したら
  • 赤ちゃんが生まれたら
  • 子どもの健康管理
  • 保育所・認定こども園
  • 幼稚園
  • 小学生
  • 中学生
  • 子育て支援サービス
  • 障がい児のサポート
  • ひとり親のサポート
  • 子育てサポート
  • 公園マップ

熱中症に気をつけましょう!

印刷用ページを表示更新日:2018年8月1日更新

熱中症とは

 「熱中症」は,高温多湿な環境に長くいることで,徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ,体温調節機能がうまく働かなくなり,体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し,救急搬送されたり,場合によっては死亡することもあります。

こんな症状があったら,熱中症を疑いましょう

 軽 度 : めまい,立ちくらみ,筋肉痛,汗がとまらない

 中等度 : 頭痛,吐き気,体がだるい(倦怠感),虚脱感

 重 度 : 意識がない,けいれん,高い体温である,呼びかけに対し返事が

       おかしい,まっすぐに歩けない・走れない

熱中症になった時の処置は

 1. 意識がある,反応が正常なとき

  (1) 涼しい場所へ避難させる

  (2) 衣服を脱がせ,身体を冷やす

  (3) 水分・塩分を補給する
    ※ 水を自力で飲めない,または症状が改善しない場合は直ちに救急車を
     
要請しましょう

 2. 意識がない,反応がおかしいとき

  (1) 救急車の要請をする

  (2) 涼しい場所へ避難させる

  (3) 衣服を脱がせ,身体を冷やす

  (4) 医療機関に搬送する
    ※ 倒れた時の状況がわかる人が医療機関に同行しましょう

こんな人は特に注意!

 高齢者・幼児,肥満の人,体調が悪い人,暑さに慣れていない人,

 持病のある人

  ※ 幼児は体温調節が十分発達していないため,注意が必要。晴れた日には,
    地面に近いほど気温が高くなるため,幼児は大人以上に暑い環境にいます。
  ※ 高齢者は温度に対する感覚が弱くなるため,室内でも熱中症になることが
    あります。

熱中症の予防法

暑さを避ける

 ● 室内では・・・

   ・扇風機やエアコンで温度を調節
   ・遮光カーテン,すだれ,打ち水を利用
   ・室温をこまめに確認
   ・WBGT値(※)も参考に
    (※)WBGT値 : 気温,湿度・輻射(放射)熱から算出される暑さの指数
       運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。

 ● 外出時には・・・

   ・日傘や帽子の着用
   ・日陰の利用,こまめな休憩
   ・天気の良い日は,日中の外出をできるだけ控える

 ● からだの蓄熱を避けるために

   ・通気性の良い,吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
   ・保冷剤,氷,冷たいタオルなどで,身体を冷やす

こまめに水分を補給する

 室内でも,外出時でも,のどの渇きを感じなくても,こまめに水分を補給しましょう。大量に発汗する状況では,経口補水液など,塩分等も含んで補給しましょう。

熱中症情報に関するホームページ

 ・環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>
  暑さ指数(WBGT),熱中症,暑さ対策などの情報を掲載

 ・環境省熱中症環境保健マニュアル<外部リンク>
  熱中症に関する保健指導に関する情報

 ・総務省 消防庁 熱中症情報<外部リンク>
  都道府県別熱中症傷病者搬送人員数を掲載

 ・日本体育協会 熱中症を防ごう<外部リンク>
  スポーツ活動中の熱中症予防について「熱中症予防のための運動指針」等の掲載

 ・気象庁「熱中症から身を守るために」<外部リンク>
  気温の予測情報など

 ・厚生労働省「熱中症予防のために」啓発用リーフレット(PDF)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)