ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市議会 > 市議会 > 坂出市議会 > 議会のあらまし(修正案の採決に関する原則)

議会のあらまし(修正案の採決に関する原則)

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年1月1日更新

 修正案の採決に関しては、次の三つの原則がある。

 1.修正案は原案より先に採決する。これについては例外は認められない。

 2.数個の修正案が提出された場合、採決の順序は、その内容が原案から最も遠いものからする。標準会議規則は「その順序は、原案に最も遠いものから先に表決をとる」(第77条第2項)と定めている。

 これは、一修正案が否決された場合、その修正案に賛成した者が、次善の策として、次の修正案に賛成できる途を残すためである。

 3.数個の修正案に共通部分がある場合、共通部分を抜きにして採決することができる。

 分権時代にふさわしい議会運営を行うために、各市議会は、その基本的ルールを定めた、会議規則、委員会条例を見直すことが必要であるといえる。

(全国市議会旬報より引用)