ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 坂出市議会 > 議会のあらまし(表決の更生禁止の原則)

議会のあらまし(表決の更生禁止の原則)

印刷用ページを表示する更新日:2012年1月1日更新

 一旦表決を行った後は、その表決を変更することを認めないとする原則である。

 衆議院規則は「表決の更正」(第156条)と定めているが、標準会議規則は「議員は、自己の表決の訂正を求めることができない」(第75条)と規定している。表決の更正を認めるとなると、議決がいつまでたっても確定することができない。

(全国市議会旬報より引用)