ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 障がい福祉のしおり > 在宅ねたきり高齢者・障がい者紙おむつ給付事業
医療費に関するもの
障がい者総合支援法について

在宅ねたきり高齢者・障がい者紙おむつ給付事業

印刷用ページを表示する更新日:2014年11月14日更新

在宅ねたきり高齢者・障がい者紙おむつ給付事業

対象者

 下記の条件をすべて満たすかた

身体障がい者手帳または療育手帳で該当の場合

・在宅の18歳以上のかた
・身体障がい者手帳1級,2級または療育手帳Ⓐ ,Aのかた
・常時おむつを必要とするかた

介護保険で該当の場合

・在宅の40歳以上のかた
・介護保険の要介護認定が要介護3以上のかた
・常時おむつを必要とするかた

内容

  • 家庭において,おむつを必要とする重度心身障がいまたはねたきりや認知症の高齢者のかたに紙おむつを給付して,その生活を支援し,また,介護するかたの援助をするものです。
  • 種類は,フラット・尿とりパッド・リハビリパンツ・テープ止・ツーウェイパンツの5種類で,種類により枚数は異なりますが,1ヶ月あたり12~120枚を給付します。
  • 申請の際,地区の民生児童委員の証明が必要です。
  • 申請された月の翌月から,毎月民生児童委員によって配布されます。
  • 3ヶ月を超えて入院した場合,施設に入所した場合は受給権がなくなります。