ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第56回 さぬきメディカルラリー』

防災ひとくちメモ 『第56回 さぬきメディカルラリー』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月9日更新

第56回 『さぬきメディカルラリー』 平成27年6月10日放送

 

さぬきメディカルラリー

 模擬的にリアルに救急現場(外傷,内因性疾患,集団災害等)を再現し,医師,看護師,救命士,救急隊員等がチームを組み,お互いの専門分野を生かしながらいくつかのステージ(模擬救急現場)に対応し,その技能を競い合うというもの。

 ※坂出市が開催しているものではありません。

参加者はどんな人?

 チームとして参加しているのは医療関係者,消防関係者となりますが,患者役や関係者役は一般市民の方に参加いただいています。全部で170名くらいの方に参加いただきました。

どんな訓練,想定内容?

 土砂災害が起きて,現場には上からしかアプローチできないという被害想定のシチュエーションがありました。本当のレスキュー隊も参加いただいていたので,医療チームは災害現場の上から降下して現場に救助に入り,現場の状況を確認後,救急措置の技術を各チームで競うというものでした。

 その他,トリアージ,二次トリアージを行う訓練など4つのシチュエーションで競い合いました。本当の災害現場がそうであるように,想定内容はまったく知らせず,実際の現場に近い環境での訓練にもなりますね。

 2日目の訓練では,大規模災害によりネットワークが寸断されるなか,衛星を使ったネットワークを現場で構築しデジタルペンを使ったトリアージの実験を行いました。

顔の見える関係作り

防災ズッキーナ

 訓練も大切ですが,同じような意識を持った人たちとの顔の見える関係作りも大切です。1泊2日なので,夜には懇親会を開き,とても楽しいものでした。

 

放送は水曜日のお昼

  坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送) 

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧