ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第37回 避難情報ひとくちメモ』

防災ひとくちメモ 『第37回 避難情報ひとくちメモ』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月12日更新

第37回 『避難情報ひとくちメモ』 平成26年9月3日放送

 

避難情報について

避難情報の種類の図 「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の3つについては自治体が発令します。
 避難情報の発令より前に,ご自身で判断して,早めに避難されることを「自主避難」と呼んでいます。

 「避難準備情報」は,避難に時間のかかる方(高齢者や障がい者等)に,早い段階での避難を促すための情報です。(避難の準備をしてください,ということではありませんよ。)

 早めの避難を心掛けましょう!

 避難情報について詳しくは,防災ひとくちメモ『第12回 避難勧告って何?避難情報あれこれ』を見てね!

避難情報の取得方法は?

 携帯電話・スマートフォンにメールが送られてくる「香川県防災情報メール」があります。登録すると「避難情報」「気象情報」が配信されます。(注意:ご自身で登録する必要があります。)

 他にも,テレビやラジオ,サイレン吹鳴装置,広報車,エリアメール・緊急速報メール,市ホームページ,市Twitter(ツイッター)からも避難情報を取得できます。自分から複数の方法により情報取得するようにしましょう。

自分の命は自分で守る

 市からの避難情報は,雨量・河川水位・潮位等と気象台が発表する警報等の情報から判断して,被害が発生する可能性が高いと判断した場合に発令します。そのため,市の一部に局地的に降った雨など個別の地域の状況を判断して避難勧告等を発令するということはできません。

 ご自身で「普段とちょっと違うな」と思えば早めに避難するようにしましょう。

 

避難場所について

 災害対策基本法が一部改正され,従来の指定避難所を2種類(指定緊急避難場所,指定避難所)に区別し,指定しました。

1.指定緊急避難場所

 災害が発生しまたは発生するおそれがある場合に,その危険から緊急的に逃れるための場所。

  • 災害の種類ごとに指定。(洪水,集中豪雨,土砂災害,高潮,津波の恐れのない地震,津波,大規模な火事,火山現象)
  • 備蓄は置いていない。

 真夜中など外に出て避難すること自体が危険となる場合には,自宅の安全な場所に避難しましょう。(洪水の場合:自宅の2階,土砂災害:斜面の反対側の部屋 など)

2.指定避難所

 災害発生後,自宅で生活できない方が生活をする施設。

  • 備蓄を置いている。(大規模な地震等を想定した備蓄。市民の皆さんが3日間は自宅で備蓄していることを基本に,それを取り出せない方のための備蓄。)

 

避難する際のポイント

防災ズッキーナ

 台風等あらかじめ接近が分かっている場合,避難する際に持って行くものをあらかじめ準備しておいてください。何かあったときはそれを持ってすぐに避難できるようにしておきましょう。

 指定緊急避難場所には食べ物,飲み物等はありません。指定緊急避難場所で少しでもストレスなく過ごすために,食べ物・飲み物等自分にとって必要なものを持って避難することは大切なことです。

 

放送は水曜日のお昼

  坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送) 

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧