ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第34回 防災を通しての高校と地域との関係』

防災ひとくちメモ 『第34回 防災を通しての高校と地域との関係』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月6日更新

第34回 『防災を通しての高校と地域との関係』 平成26年7月23日放送

 坂出工業高校施設整備部防災担当 西山史郎さんにお話を伺いました。

 

坂出工業高校と「防災」

 3年前から危機監理室の仲介で,高校と地域の人とが防災について話し合う機会を持ったことで地域との交流が盛んになり,高校の防災訓練に地域の方が参加するようになりました。 

 それまでも,高校で避難訓練や消火訓練は実施していましたが,高校内だけの訓練でいいのかという思いがあり,東日本大震災を機にさらに学校の防災訓練のあり方に疑問を持ったことが現在の防災活動に繋がっています。 

生徒の意識にも変化が

 年2回の訓練ですが,地域住民や自主防災組織の方と交流することで,地域の方と顔見知りになり,学校が地域の避難所としての意義も,地域住民や生徒の意識の中でだんだんと高まってくれることを望んでいます。そして,防災訓練を通じて地域の防災リーダーになってほしいですね。 

災害への備え

津波対策

 津波の時は校舎3階以上に避難することにしていたが,防災アドバイザーの助言で聖通山へ避難するように変更し,実際に地域住民や近隣の西部保育所の園児と一緒に避難訓練もしています。その時は,高校生が園児の手を引いて避難し,地域住民からも「勇気づけられる」との声も聞かれました。高校生が率先してがんばっている姿は,地域のパワーになりますね。

備蓄対策

 PTAの了解のもと学校で備蓄を始めました。防災に対する理解が深まっていることだとうれしく思っています。 

今後にかける想い

 戦略を持って今後の防災対策を進めていき,将来本当に震災が起こった時に子どもたちに役に立つ防災訓練にしていきたいです。

 防災ズッキーナ  

 

放送は水曜日のお昼

  坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-Sun(76.1Mhz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送) 

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧