ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第33回 ハザードマップを使って図上訓練をやってみた!』

防災ひとくちメモ 『第33回 ハザードマップを使って図上訓練をやってみた!』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月16日更新

第33回 『ハザードマップを使って図上訓練をやってみた!』 平成26年7月9日放送

 

与島で土砂災害ハザードマップを使った図上訓練をやりました!

 与島は塩浜地区,穴部地区,浦城地区の3地区があり,小さな島ですけど地区によっていろいろな地域特徴を持っています。

 塩浜地区は,土砂災害の危険はなく,平成16年の水害のときに被害がでました。そのため,水害の恐れがある地域の人たちがどこに避難するのかというのを話し合い決めました。

 穴部地区は,海には面していませんが,土砂災害の危険があります。塩浜の避難所までの避難ルートを一応書いていますが,遠いという話になりました。その結果,穴部地区の中でも土砂災害の危険のない地域の人たちが「土砂災害の危険のある地域の人たちは,うちに来なよ。別に避難所に行かなくても一晩うちに居ったらええやない」という話になりました。

 浦城地区は,災害の危険の多い地区で,土砂災害があったらそれだけで避難路がなくなってしまう地域。そのため,台風が接近してきている場合には,早めに一時避難場所に集まろうということになりました。地域のみなさんが早い段階で避難するという共通認識を持っていただけました。

みんなで集まって話し合うからこそ分かること

 行政だったら,指定避難所である与島開発総合センターに避難してくださいって形になる。でもそこはやっぱり遠いとか,独りだとさみしいとかありますよね。それなら近所の人でいつも会う人が「うちに一晩来たらええやない」となれば,一日の避難生活としても楽しく話ができながら避難ができる。それって大事だなと思いました。

 行政から,あの人のお家に避難してくださいね,なんて言えませんからね。

 実は,地域で話をしてみたら解決できる有効な手段が見つかるというのが,訓練をやってみてよく分かりました。

ちょうど夏休みですよね

防災ズッキーナ

 これからの時期,ちょうど夏休みですね。お子さんがハザードマップを持って勉強する。家族で一緒に自由研究として自分の町の特徴を知ることも大切かなと思います。
 近くに住んでるお友達と一緒に話し合ってみるというのもいいかもしれませんね。

 今回の訓練では,警察の方にも参加いただき警察の視点からの防災のお話をいただいたり,消火栓から直接ホースに接続して消火するためのホース結合訓練,あと炊き出し訓練も実施しました。メニュー的にはだいぶ多かったのですが,地域の人たちに参加いただけて楽しい訓練となりました。

 

放送は水曜日のお昼

  坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送) 

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧