ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第24回 Stand Up Women』

防災ひとくちメモ 『第24回 Stand Up Women』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月12日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送)

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

第24回 『 Stand Up Women 』 平成26年3月5日放送

 

最近の防災によくでてくるキーワード「女性」について

どうして「女性」なの?

 災害とは,生活が被災をすること。その一瞬で,突然すべてが止まり,「日常」が失われてしまいます。日常の基本は,食事・着るもの・お風呂・寝るなどですが,普段からそれらに大きく関わっているのが「女性」ではないでしょうか。

避難所では,女性からの声としてはどういったものが聞かれたの?

  • 女性の着替えスペース,授乳スペースがなくて困った。
  • 本当に女性が欲しいものが,言い出しづらくて手に入らなかった。

 避難所での運営側に女性が関わっていれば,少しでも緩和できたストレスは多かったのも事実です。

女性が防災に取り組むとどうなるの?

 日中,自宅でいるのが多いのも女性。そうすると,災害発生時に,近所の避難しにくい高齢者の方や障がいをお持ちの方と一緒に逃げるという役割も果たせる。女性の占める位置は重要です。

 日常をやりくりしている女性が防災に取り組めば,例えば備蓄も,晩御飯の買い物の時に気が付いたものを少しずつ買えば循環備蓄(ローリングストック)も無理なくできますよね。やっぱり日常の一部として,防災を取り入れていないと続けていくことは難しいですよね。

 ※循環備蓄(ローリングストック)
普段から利用するカップ麺やレトルト食品などを備蓄食料とし,食べたら買い足して,常に一定量の備蓄がある状態にしておくもの。
お米や水,トイレットペーパーなども,1袋余分に買い置きしておきましょう!

 

女性だけの勉強会を開催しました

 市役所の女性を集めて,防災食(備蓄食)を食べながら防災についてちょっと学んでみようよ,という勉強会を開催してみました。
 食べながらというのは,緊張感もほぐれて,参加者も笑顔があって楽しい勉強会となりました。

楽しく防災対策

 防災対策を一人ひとりが自分のこととして捉えて,自分から防災対策を取ろうと思うには,自分自身が楽しいなぁって思えないと継続していくことは難しいですよね。「楽しく」は大切なポイント!

講習会等の相談はのってくれるの?

防災ズッキーナ

 もちろんです。危機監理室までお気軽にご相談下さい。

 

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧