ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防災ひとくちメモ 『第21回 防災士』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月24日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送)

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

第21回 『防災士』 平成26年1月22日放送

 

防災士について

 今回は,香川県防災士会坂出支部長の本多 秀司さんにお話を伺いました。

防災士って?

 国家資格ではないんですけど,平成7年の阪神大震災後,国の施策で設けられた制度で,NPO法人日本防災士機構が認定した人たちです。既に全国で7万2千人くらいの方が防災士になっていると思います。

一般の人でもなれるの?

 一般の方でもなれます。
 香川大学で防災士養成講座(短期・長期コース)を行っており,それを受講していただくと必ずといっていいほど防災士の資格が取得できます。
 参考:坂出市防災士資格取得補助について

どうして防災士の資格を取ろうと思ったの?

 会社・企業では,地域で活躍・貢献したいというのがあると思いますが,私の会社でもそういうのがありまして,防災に関する募集がありましたので応募した次第です。

坂出支部には何名の防災士がいるの?

 今は20名ほどが会員として活動してもらっています。坂出支部といいますが,宇多津町も管轄ですので,今後,坂出市と宇多津町で防災士の方を増やしていきたいですね。

男性が多いの?

 男性がやはり多いんですけど,女性の方もいます。坂出市でも女性だけの消防団「コスモス」ができましたが,香川支部でも女性の支部的なものを作ろうかという予定もあります。なので年齢問わず性別問わず,防災士が増えていけばいいですね。

 

どんな活動をやるの?

 ようやく「防災士」という知名度も高まってきて,行政の方でも取り扱っていただけるようになり,要請も来るようになりました。防災士の使命は『地域防災力の向上』ですから,コミュニティーに入っていって,防災意識の高揚を図っていきたい,それに尽きますね。

 

まだまだ防災意識が低い?

 3.11の東日本大震災以降,私たちも防災について考える機会が増えたとはいえ,まだまだ香川県は防災意識が低いのかなぁって感じます。

 そうですね,あんまり災害のない県なので。
 でもこういった災害は,いつなんどき起こるか分かりませんし,平成16年の台風のときに亡くなられた方もおりますので,おろそかにはできないということですね。

知識としての防災士

防災ズッキーナ

 地震津波だけが災害ではないですものね。私たち一人一人が危機意識を持って,どんな備えが大切かっていうのは考えておきたいですね。
 そういった意味で,活動される方もそうですし,様々な災害に対する知識として防災士の資格を学ぶというのもいいことかもしれないですね。

 そうですね,是非チャレンジしていただきたいと思います。

 

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧