ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第14回 学校現場の防災』

防災ひとくちメモ 『第14回 学校現場の防災』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月11日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送)

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

第14回 『学校現場での防災』 平成25年10月9日放送

坂出商業高等学校での防災への取り組み

 今回は,坂出市青葉町にある坂出商業高校で総務部・防災係を担当している前山先生にお話を伺いました。生徒たちが積極的に活動できるような仕組みを考えられているみたいですよ。

高校の防災訓練は印象に残ってないですけど,どんな事をされているのですか。

 防災訓練はどこの学校でもしていると思うのですが,校内放送を合図に,校庭まで逃げて,集まってちょっと講話をしてというだけで,あまり生徒たちの印象に残ってないというのが,実情ではないかと思います。

 そこで今年は,「楽しむ防災訓練」と言うのをやっていけたらいいなと思っております。

具体的にはどんな事を計画されているのですか。

 今年9月の防災週間にあわせて,坂出商業高等学校では学校内だけで行うのではなく,地域連携の一つとして,学園通り自治会の自主防災の方々に学校に入っていただいて,地域の方々といっしょに津波に備えた避難訓練を実践してみました。年2回防災訓練がありますので,次の訓練では,ただ避難するだけでなく,自分たちで活動できる事といいますか,自分たちができる事を考えられる,個人個別の実演的な訓練をしようと思っております。

 消火器を使った消火訓練とか,シューターを使った3階からの避難訓練と言うのは今までもやっていました。しかし,代表の生徒がやるだけで,ほかの生徒は見学だけで終わってました。いざというときは,一度でも経験したいるだけでも全然違いますから,生徒全員が取り組める個別訓練をしたいと考えています。できれば,生徒からも何かアイデアを募集して,いいアイデアには賞状を出すとか,ちょっとチームに分かれて競争するとかゲーム性のある訓練を入れていきたいなと思っています。
 「何の訓練をやったのか覚えていない」と言われるよりは,「こんな訓練をやった!」というのが,生徒たちに残ってもらえればと思っています。

地域の人たちと一緒の訓練と言うのもユニークですよね。

 坂出商業高等学校では毎年12月に学校行事として「セキレ」という販売実習を,地元商店街に出て,やっていますがこれからは地域連携という事が非常に大切だと思います。防災のテレビ番組を見ていても,普段から地域の人との交流を深めることで,地域の人と共通の目的意識を持てれば良いと思ってます。

実際に感じたことはありますか

 今までも,訓練してきても印象に残るということが少なかったものですから,炊き出し訓練とか,怪我をされた方をどうやって運んだらいいのか,がれきの下敷きになった人を助けたりとか,バケツリレーなども水がないところにどうやって運んでいくとか,臨場感があるような訓練が出来たらいいなと思っております。

 受け身と言うより「生徒たちが自分でやる」ということが,大事だと思っています。実際にやっていく中で,これだったら自分も協力ができる,いざという時に力になれるとか,地域の人が避難して来られた時にも手助けできるとか,災害時の食料の備蓄について自分で考えることができるようになって欲しいと思います。また,171の伝言ダイヤルでもしもの時に家族と実際に連絡をとってみたら,いざという時に慌てなくて済むと思います。少しでも考えたり,そういった体験ができたらなと思っています。

防災ズッキーナ 訓練の回数を重ねることで,生徒の積極性もでてきて,地域の人との関われるチャンスができれば,それが坂出商業高校の使命だと思っていますので,そういう取り組みをしていきたいと思っています。

 災害発生時には,坂出商業へ避難してくる方も居ると思うので,事前に生徒たちとのかかわりがあれば,普段から顔見知りにある事も大きな力になってくると思います。地域の防災力と言いますか,そういうのが実現できたらと思います。また生徒からもいろいろな発信があると良いと思います。訓練前からも,話し合いの場を設けていきたいと思っています。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧