ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第12回 避難勧告って何?避難情報あれこれ』

防災ひとくちメモ 『第12回 避難勧告って何?避難情報あれこれ』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月13日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送)

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

第12回 『避難情報のあれこれ』 平成25年9月11日放送

避難情報あれこれ

 台風シーズンですね。先週の台風17号はすごい雨でしたね。みなさん備えはどうだったでしょうか?香川県内でも避難準備情報が出され,その他の地域では避難勧告や避難指示などが出されたのをテレビなどで見た人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は,違いが分かりにくいとよく聞く避難情報に関わる用語について説明します。ラジオなのにフリップを作ってきました。フリップは市のホームページやYouTubeでみてくださいね。

1.避難準備情報(ひなんじゅんびじょうほう)

 避難準備情報とは,災害が発生する可能性がある段階で,避難するのに時間のかかるお年寄りの方や障がいをお持ちの方,小さいお子様のいる家庭などに,より早い段階で避難をはじめてくださいねと呼びかける情報です。

 災害が発生しない可能性もありますが,イザというときに避難が間に合わなければいけないので,避難に時間がかかる方の判断の一つとして呼びかけますので,この段階で避難を開始してくださいというものです。

 よく聞かれるのですが,避難する時に持っていくものを準備してくださいというものではありません。非常持出袋は,台風が来る前に準備しておいてくださいね。

2.避難勧告(ひなんかんこく)

避難情報あれこれ

 はじめの段階で,避難準備情報がありまして,次の段階で避難勧告という事です。避難準備情報よりも,被害が発生する可能性が高いと判断した場合に,避難を促すものです。

 避難を強制するものではありませんが,雨量,河川の水位,潮位などと今後の気象状況等を勘案して出しています。

 被害が出てくるのではないかという状況になっていますので,危険な地域にお住まいの方はすぐに避難を開始していただきたいですね。

3.避難指示

 避難指示とは,避難勧告に比べて被害の危険性が迫っていたり,緊急度が高い場合などに,避難による立ち退きを指示するものです。

 これらの避難勧告や避難指示は,法律上で拘束力はありますが,指示に従わない人に強制力があったり罰則規定があるわけではありません。しかし,危険がすぐそこまで迫ってきている段階なので,すぐに避難を完了するようにしてください。

避難準備情報で 避難開始

避難勧告・避難指示で 避難完了

☆自主避難☆

 これらの避難情報は,市域の全体をみて出される情報です。細かい地域では避難情報よりも危険な状態になっているかもしれませんので,家の周りの状況をみていただきたいですね。これらの避難勧告や避難指示だけに頼るのではなく,自宅が川の近くなのか,山に近くなのか,そういった周りの状況をみてください。

 これらの用語は,あくまで防災の知識のひとつにとどめておいていただいて,災害がおこりそうな時は,知識に頼りすぎず,情報を自らが取りにいき,自らあぶないなっていう事を判断し,すばやく自分の身を守れるように早めの避難をお願いしたいと思います。

避難情報はどうやって知ることができるの?

 テレビやラジオで放送されるのは,みなさんご存じのとおりです。坂出市からは,消防屯所にあるサイレン吹鳴装置,広報車,ホームページ,ドコモのエリアメールなど緊急速報メール,ツイッター等いろいろな方法で,みなさまに伝わるようにしています。

 スマートフォンも普及して,気象情報なども分かるようになっていますし,携帯電話やスマートフォンにメールでお知らせする「香川県避難情報配信サービス」もありますので,登録してくださいね。

指定避難所に逃げないとダメなの?

防災ズッキーナ 災害の種類によっても避難するべき避難所は違います。指定避難所は,あるていど面積があって耐震性能があって,大災害が発生し長期間の避難生活がおくれる場所を指定しています。ですから,必ずしも指定避難所=安全な場所ではありません。Aの指定避難所は洪水の時には浸水する。Bの指定避難所は津波が来たら浸水する。など,災害の種類によって安全な指定避難所と安全でない指定避難所があります。

 事前に相談しておかなければいけませんが,ご自宅の近くで公民館や知人宅などに避難するというのも大事だと思いますね。台風などをきっかけに,家族でどこに避難するのかを話し合っていただきたいですね。

 避難の判断をする基準というのはなかなか無いと思いますが,被災する時間や場所がかわると,被害の状況もかわります。考えられる限りの最悪の状況を想像し,どうすればそうならずにすむか考えてみてください。それこそが「備え」です。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧