ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第11回 坂出市のツィッター』

防災ひとくちメモ 『第11回 坂出市のツィッター』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月10日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送)

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

第11回 『坂出市のTwitter (ツィッター)』 平成25年8月28日放送

Twitter(ツィッター)

 今日は,坂出市が取り組んでいる情報伝達の一つ「Twitter」について紹介していきます。

坂出市のTwitter(ツィッター)はいつ始めたのですか

 坂出市のTwitterは平成23年4月28日に開始しました。
 その当時は新聞社の方もTwitterって何?っていう感じの方が多かったのかこんな説明じゃ分からない,とかって結構言われたりして,ちょっと嫌な思いをしたのを覚えています。(笑)
 香川県では1番に導入したということで注目いただいてます。

Twitter(ツィッター)ってどんなサービスですか

 Twitterというのは2006年10月に米国の方でスタートしたサービスになります。防災ズッキーナ

 「いまどうしてる?」っていうのを,短い言葉140文字以内で情報発信していくというサービスです。その情報発信することを「つぶやく」とか「ツイートする」とかって言うんですが,そういった情報を出して,みんなで情報共有しようというサービスです。

 アカウントを作ると,自分専用の掲示板ができるような形です。始めたばっかりだと自分の情報発信したものしか載っていないので,そこからTwitterをやられている方をフォローすると,その人がつぶやいた情報が自分の画面に出てくるようになります。そうやってどんどん輪が広がって,だんだん人数も増えてくるわけです。

 Twitter(ツィッター)を導入したきっかけは

 元々,Twitterを導入するきっかけとなったのは,防災で情報発信力の強化ということが1つの目的だったのです。やっぱり平常時も当然使っていかないと多くの人に認知されないこともありますので,平常時としては市からのお知らせだとかイベントだとか,今こういう風にやっていますよとか,今日はこんなことやりましたよとか,全く仕事とは関係なくても,そういったものも出していけたらなぁと思っています。

 防災の面でTwitterを使った情報発信力の強化という意味で,市役所と市民全体の方でもっと防災に関する情報共有を進められたらと思っています。

 市からのお知らせを十分皆さんに伝えるということで,情報発信の面が1つあるんですけど,Twitterって双方向のやりとりなので情報の収集といい面もあります。

 市民の皆さんから,現地の被害状況だとかそういったものも,市役所にあがってくると,市役所としても助かります。それをまた市役所から皆さんに情報発信することで,市民の方にも状況が伝わって,市民の方とも一緒に情報共有できる,そういう状況が作れたらいいなぁと思っています

 やっぱり職員も見回りいったりするんですけど,市内全域をすぐに把握するというのは難しいので,市民の皆さんから被害の情報があがってくると,現場にも早く行けたりもしますし,そういった状況を知らない人たちにも,伝えることができるので,そういった方向にもっていければなぁと思っています。

 Twitter(ツィッター)のアカウントは何ですか

 坂出市のTwitterアカウントは,「sakaide_city」です。皆さんこの坂出市のTwitterフォローしてくださいね。

 これからも坂出市のTwitterからいろいろな情報が発信されて,どんどんどんどんTwitterの輪が広がっていくことを楽しみにしています。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧