ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第8回 夏休みの自由研究』

防災ひとくちメモ 『第8回 夏休みの自由研究』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月24日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,ページ最後の「お問い合わせ先」または,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

第8回 『夏休みの自由研究』 平成25年7月17日放送

当日の放送を聞くことができます。(ラジオ放送なので音声のみですが,字幕を表示することができます。)

夏休みの自由研究,毎年お悩みではありませんか?

 夏休みの季節がやってきましたね。小学生の子供さんがいるご家庭では,毎年,夏休みの宿題「自由研究」のテーマに悩むのではないでしょうか?
 そこで,今日は自由研究の参考になるものとして,「我が家の防災マップ」についてお話します。

家の中の防災マップ

 まずは,家の中の防災マップを作ってみてはいかがでしょうか?

 はじめに,大きめの紙に家の間取図を書いてみてくださいね。それから,つぎの物を書き足してみてください。

  • 家具,テレビなどの置き場所を書いてみてください。(ちゃんと固定されていますか?)
  • ベッドや布団の場所を書いてみてください。(眠っている時に,倒れてくるものはありませんか?)
  • 外に出られる出口を書いてみてください。(出口のところに障害物はないですか?)
  • ガラス戸や窓を書いてみてください。(地震の際,どこを歩いて避難しますか?そこはガラスが割れて落ちていませんか?)
  • 非常持出袋の場所(押入の奥にしまってないですか?突然の地震時にすぐに持ち出せますか?)

 普段生活していると,今の家具の配置が当たり前になりすぎて,「危険かも」の視点が抜けてしまいますよね。
一度書き出してみる,実際にやってみると「部屋の危険」に改めて気が付くことがたくさんあります。

 そして,「あぶないかも」と思ったら,少しずつからでも行動に移しましょう!

  • 家具の固定
  • 部屋の模様替え(家具などが倒れてこない安全な場所をつくる)
  • 出口付近の整理整頓
  • ガラス戸や窓への飛散防止フィルムの貼り付け 等

自宅から避難所までの防災マップ

防災ズッキーナ

 親子で,自宅から避難所等へのルートを歩いてみませんか?

 その際に持っていくもの
・地図(インターネット上に大きな地図を作成するサイトがあります。)
・カメラ
・筆記用具 等  (暑い時期なので帽子や水筒も忘れずに)

 親子で歩く時のチェックポイントは, 

 危険なところ
・倒れそうなブロック塀
・道の幅(特に狭いところ)
・落下しそうな屋根瓦
・水が溢れた場合に見えなくなるような用水路などの位置
 防災に役に立つところ
・消防署・分署・消防団屯所
・地元自主防災の防災倉庫
・公衆電話
・コンビニ
・指定避難所
・病院・警察署・派出所など

 地図に危険な個所や防災上役に立つところを書き込みながら写真を撮って帰り,写真を大きな地図に貼り付けましょう。
「あぶない所」「にげる道」「防災に役立つ所」などに色分けして,マジックなどを使って書き込みをすれば自由研究「我が家の防災マップ」の完成です。

防災マップの例防災マップの例

防災マップの例3

 

 さらに,家族で話しあって,つぎのような事を追加してもGOOD!

・家族がバラバラになった時に,家族が会う場所 ・災害用伝言ダイヤル「171の使い方」
・ぼく・わたしの非常持出グッズ
・我が家の備蓄品  など

大事なポイント

防災ズッキーナ あっ,大事なポイントを忘れていました。
 お子さんと一緒に歩くときは,危険な場所等を親から一方的に伝えるのではなくて,子どもが自分で考えて,自分で気づいて,自分なりの答えを出していくことが大切です。親からは見通せる場所も,子どもの視線からは見えなくて危険な場所になっている場合もあります。そういう発見は,子どもならではです。

 自分で考えて,自分なりの答えを出していく。まさに,自由研究の一番大切なところですよね。 

防災ひとくちメモ

   バックナンバー 一覧