ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防災ひとくちメモ 『第5回 梅雨』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月7日更新

 坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-SUN(76.1MHz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,ページ最後の「お問い合わせ先」または,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

第5回 『梅雨』 平成25年6月5日放送

当日の放送を聞くことができます。(ラジオ放送なので音声のみですが,字幕を表示することができます。)

入梅

 今年(平成25年)は例年より9日早く5月27日に梅雨入りしました。今日は,梅雨の話題を! 

梅雨の語源

 6月といえば梅雨の季節ですね!その梅雨の語源って知ってますか?

 梅雨は,昔中国から梅雨(ばいう)として伝わり,江戸時代から「つゆ」と呼ばれるようになりました。中国では黴(カビ)の生えやすい時季の雨という意味で黴雨(ばいう)と呼ばれていましたが,カビでは語感が悪いため同じ語呂で季節に合った梅の字を使った梅雨になったとする説,この時季は梅の実が熟す頃であることからという説や,この時季は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説などがあります。

大雨に注意

 雨は,時には風情があり,日々の暮らしにも大切です。でも降りすぎると用水路から水が溢れたり,道路が冠水したりします。もう梅雨に入ってますが,梅雨に入る前に,どのようなことに注意すればいいと思いますか?

 まず身近な所で自宅の雨樋,側溝,用水路などの清掃をして長い梅雨に備えましょう。
 また,大雨による土砂災害の危険もありますので大雨が予想される場合は,気象庁の発表する警報や注意報などの情報に注意してくださいね!

雷に注意

防災ズッキーナ 梅雨明けの頃って大気の状態が不安定になって雷が鳴ります。

 雷は,雷雲の位置次第で,海面,平野,山岳などところを選ばずに落ちます。近くに高いものがあると,これを通って落ちる傾向があります。グランドやゴルフ場,屋外プール,堤防や砂浜,海上などの開けた場所や,山頂や尾根などの高いところなどでは,人に落雷しやすくなるので,できるだけ早く安全な空間に避難して下さい。

 鉄筋コンクリートの建築物,自動車(オープンカーは不可),バス,列車の内部は比較的安全な空間です。

 一方,高い木の下などは,木に落雷し木の下に居る人も一緒に感電するので大変危険です。

防災ひとくちメモ

   バックナンバー 一覧