ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
避難
災害に備えて
台風・大雨・洪水
地震・津波
防災リンク集
災害に備えて

高潮とは

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月29日更新

高潮とは

 通常、海面は月の引力等により、1日につき1~2回の割合で、定期的に満潮と干潮を繰り返しています。そのため、満潮や干潮の時間及び海面の高さは、予め計算しておくことが可能です。この海面の高さを「潮位」といい、計算により求められた潮位を「推算潮位」といいます。また、実際の潮位と推算潮位の差を「潮位偏差」と呼びます。
 台風の接近等により、実際の潮位が推算潮位よりも高くなる海面の上昇を高潮と呼び、潮位偏差が大きくなり護岸や防潮堤を越えて住宅地等に浸水してくると、高潮災害が発生します。

高潮発生の仕組み

高潮発生のイメージ

(1)吹き寄せ効果
 台風の中心は、周囲に比べて気圧が低くなっています。風は気圧の高いところから低いところに向かって吹きますので、この風が沖から海岸に向かって吹くと、海水が海岸に向かって吹き寄せらる「吹き寄せ効果」により、海岸付近の海面が上昇します。
 吹き寄せによる海面上昇は、風速の2乗に比例し、風速が2倍になれば海面上昇は4倍になります。

(2)吸い上げ効果
 台風が接近して気圧が低くなってくると、それに応じて海面が持ち上がってきます。これが「吸い上げ効果」で、外洋では、気圧が1hPa低くなると海面は1cm上昇するといわれています。

高潮について

 次の高松地方気象台のホームページに、香川県の高潮についての解説があります。

平成16年台風16号

高潮で潮位が上がった坂出港西運河 普段の西運河
(左)平成16年台風16号による高潮で潮位が上がった坂出港西運河。(入船町)
(右)普段の西運河。手前のガードレールで潮位を比較できます。

高潮で浸水した金時人参の畑 県道33号線の道路冠水
(左)芽が出たばかりの金時人参の畑も高潮で浸水しました。(大屋冨町)
(右)県道33号線も道路冠水。奥はサンロード港町。(元町、本町)

 坂出市においても、家屋、農業、漁業等に大きな被害を与えた平成16年の台風16号は、高潮のピークが台風最接近後に出現した、瀬戸内海独特の高潮災害であったと考えられます。
 一説によると、この高潮における吹き寄せ効果の寄与率は、地域によってばらつきはありますが、60~70%といわれています。
 台風の接近による東南~南よりの風により周防灘付近に吹き寄せられた海水が、その後の台風の移動で、西~南西より20m/sで瀬戸内海を吹き続けた風により、大阪湾まで徐々に東へ移動しました。
 台風の移動に伴う吸い上げ効果による海面上昇の動きは、尾道・今治間の島嶼部により狭くなった区域で流れを妨げられたため、最低気圧時から約2時間遅れで最大の潮位偏差が発生しました。
 燧灘では、西よりの風による吹き寄せ効果に、送れて高まってきた吸い上げ効果が重なり、潮位偏差が大きくなりました。

 坂出港における推算潮位及び実際の潮位は、次のような状況でした。

潮位一覧(平成16年8月30日~31日)

年月日時刻実測潮位標高(m)推算潮位標高(m)潮位偏差(m)気圧(hPa)備考
2004年8月30日16時00分-0.34m-0.85m0.51m987.0hPa 
17時00分-0.54m-1.05m0.51m984.0hPa
18時00分-0.41m-1.07m0.66m981.4hPa
19時00分0.10m-0.76m0.86m978.7hPa
20時00分0.95m-0.14m1.09m978.1hPa気圧は1時間おきにしか記録を残していないので、この前後で最低気圧になったと思われる。
21時00分1.68m0.54m1.14m979.9hPa 
21時40分 避難勧告発令。この前後から市内での通行止め箇所が増えてくる。

22時00分

2.43m1.08m1.35m983.6hPaこの後、道路冠水、住家への浸水情報、停電情報、避難情報等が、市へ入ってくるようになる。

22時10分頃

2.57m1.15m1.42m 潮位偏差が最大となったと思われる時間。毎正時の推算潮位しか把握できないため、この推算潮位は時間毎のデータを案分計算した。
23時00分2.65m1.47m1.18m987.1hPa 
23時10分~23時30分2.71m 最高潮位。
2004年8月31日0時00分2.57m1.67m0.90m989.8Pha推算潮位では、この時間が満潮。

 この台風16号の高潮による浸水区域を、下記にまとめています。

潮位の観測

 坂出市では、潮位が標高2.3mに達すると予想される場合は、高潮警報が発表されます。高潮警報が発表された場合は、潮位に気をつけてください。
 坂出市が設置している、験潮儀の観測データを、下記の香川県ホームページで見ることができます。

 また、次の気象庁のホームページで、与島の、実際の潮位と推算潮位(ここでは「天文潮位」という言葉で表しています。)の状況、潮位偏差の状況を見ることができます。